(豆知識)本厄・大厄とは?

本厄とは厄年そのものの年(年齢)であり、いろいろな諸説がありますが、一生のうちで災難に遭うおそれが多い年だと言われています。
本厄の前の年を「前厄」、本厄後の年を「後厄」と言います。

 

具体的には

男性 25歳、42歳、61歳

女性 19歳、33歳、37歳、61歳

(上記年齢は「数え年」での年齢)

が男女それぞれ本厄(=厄年)にあたる年齢となります。

 

本厄の中でも

 男性42歳、女性33歳は大厄(たいやく)

と言われ、男性女性ともに身体や環境の変化などにより、災厄・災難に最も見舞われることが多い年と言われています。

 

またその年齢で、語呂合わせで42歳は「死に」、33歳は「散々」に通じるからなどとということもあるようです。

 

役割や環境の変化としての厄年

また男性は25歳頃に仕事の中心を担う
42歳頃には、現役を退いて隠居

女性は19歳頃に出産

33歳頃には子育ても一段落

といったように、厄年は社会的な役割や生活環境が変わる頃にあたることから、役割を担う年=『役年』から厄年になったといわれる説もあります。

 

厄年の風習は平安時代の陰陽道に起源があると言われており、現代とは結婚・出産の年齢も社会的環境も異なる時代の風習ではありますが、それでもやはり人間という生き物の根源に関わることでもあり、無関係と思えない側面もあります。

 

科学的根拠はありませんが、実際、女性の場合、33歳の厄年に、女性ホルモンやストレスなどから婦人科系の病気になる人が多く、また離婚率も、厄年に当たる31〜33歳が高くなるそうです。

男性の場合は大厄42歳前後は、大腸ガンや喉頭ガンの発生率が高くなっているという統計もあります。

 

また厄年の災難は、ご自分だけでなく親御さんや、お子様、仕事など周りの方にふりかかることもあります。ご自身とご家族、周りの方の心の安心にもつながるため、本厄、大厄の年は神社・お寺で厄除け・厄祓いを行なってもらいましょう。

 

また家族揃って、厄祓いをしておくことで、気持ちに落ち着きが生まれ、健康にも気をつける意識をもつことで、災いを回避することができることでしょう。

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

 

※今現在の自分が厄年なのかどうかを、こちらのページで簡単に計算・チェックできます(厄年でない方も将来の厄年もチェックできます)

厄年チェック計算ーあなたの厄年がいつかをチェックできます
 

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

厄年の人も、厄年じゃない人もここは一発運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです