(豆知識)厄年の男性への贈り物

厄年の男性へプレゼントを送る様子

 

厄年を迎える男性への贈り物としていいものをご紹介します。

ご家族の方、親友や身近な方で厄年のを迎える男性の方に贈り物をする際にご参考下さい。

 

そもそも厄年を迎える女性への、厄除けとなるものを贈る風習はいつからなのでしょうか。

厄年に関する記述は意外に、古く平安時代の源氏物語にも記されています。この辺りの時代からもすでに厄年の方へ「無事に厄年を過ごして下さい」という願いを込めて贈り物がされていたとしても不思議ではありませんね。

 

厄年の方が普段肌身離さずに身につけられるものを厄除けの意味意味を込めて

厄年の贈り物には『長いもの』や『七色のもの』、『うろこ模様のもの』などがよいといわれています。

男性には長いものとしてネクタイやベルト、マフラーなどの長いものがよいとされています。

 

昔は腰紐や帯を贈っていたようですが、現代は仕事の時もプライベートの時も身につけられ、つねに厄除けし続けられるように上記のようなものを贈るのが好まれます。

 

厄年の男性への贈り物におすすめ商品紹介


【数量限定】 【包装無料♪送料無料】敬老の日/厄除け・開運の象徴「七色」の刺繍をループ部にあし…

BERBERRY バーバリーチェック ネクタイ 正規品 ギフト・プレゼントに(クレストブリッジ ブラックレーベル)

【送料無料】 厄除けベルト 開運厄除ベルト メンズベルト ビジネス 厄難消除(ベルトバックルの裏面に七色のラインストーン入) 厄除け効果のあるビジネスベルト 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【smtb-k】【w2】【sybp】【w2】

キーホルダー 厄除け 厄払い ウオレット 革レザーチェーン厄除けタイプです!高級本革(牛革)で職人が作りました厄除け用に七つの幸運からレインボーに仕上げました!嬉しい名入れ(有料500円)OK送料無料

 

男性の厄年である25歳では社会人として働き盛りの時、とくに大厄の42歳は仕事でも役職がついたりと、まさに脂も乗り切っている時期でもありますので、上記のような仕事でも身につけられるネクタイやベルトなどは、「働き盛りのあなたに、無事に厄年を過ごして、乗り切って欲しい」という思いを込めて贈られるのがよいでしょう。

またうろこ模様の財布や定期入れや名刺入れなどの身につけるものも好まれますし、贈り物としてもよいでしょう。

 

せっかく贈る物ですので、おしゃれなものを質のいいものを選んで送りたいですよね。

※同ページで紹介のベルトやお財布は厄年の男性への贈り物としてとても人気で、同ページを見た皆さまによく選ばれています。

 

厄年の男性への贈り物におすすめ商品紹介


印伝 財布 印傳屋 2109長財布【黒×白 波うろこ】/ラッピング無料/送料無料/【楽ギフ_包…

バーバリーブラックレーベル BLACK LABEL クレストブリッジ ブラックレーベル ブルーレーベル CRESTBRIDGE 財布 ラウンドファスナー 長財布 ファスナー 正規品 メンズ 人気 ブランド 革財布 【新品】 10,000円以上送料無料

↑こちらのように、厄年の方への贈呈用の厄除けをうたった商品もありますので、ぜひご家族の方、親友の方もこういった商品を心を込めて贈られてはいかがでしょうか?

厄年の人になぜ七色のものを贈るのか?

厄年の人になぜ長いものを贈るのか?

 

厄除け・厄払いについての記述が多く残されている歴史上の人物に徳川家康公がいます。天下泰平を成し遂げた家康公には一体どんな厄除けの贈り物が贈られていたのでしょうね。
きっと全国の大名や有力者たちから多くの厄除けの贈り物を贈られたことでしょう。ちょっと気になるところですね。

 

※では厄年の女性におくるといい贈り物は?↓こちらを参照ください。

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

 

※今現在の自分が厄年なのかどうかを、こちらのページで簡単に計算・チェックできます(厄年でない方も将来の厄年もチェックできます)

厄年チェック計算ーあなたの厄年がいつかをチェックできます
 

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

厄年の人も、厄年じゃない人もここは一発運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです