(豆知識)厄年は“数え年”で数える

 

厄年は満年齢ではなく、数え年の年齢で数えます

 

数え年とは母親のお腹にいる月日も命と考え、生まれた年は0歳ではなく1歳になる年の数え方です。

 

また、数え年の数え方としては3種類のケースに分かれます。

(1) 旧暦の1月1日(旧暦の年始)に年をとる
(2) 立春(旧暦の節月における年始)に年をとる

(3) 新暦の1月1日(新暦の年始)に年をとる

 

昨今では数え年として(3)が一般的です。

 

つまり新年を迎えるとともに数え年で1歳年をとり、厄年に当たる年齢の方は、1月1日をもって厄年となります。

 

神社・お寺での厄年の案内も同様です。

 

 

当サイトの「厄年チェック計算ページ」と「厄年早見表」をご利用下さい

厄年表ー数え年の様子(多摩川浅間神社)

↑神社やお寺によく掲げられている厄年早見表にも「数え年」としっかり記載されてます。厄年は数え年で換算します

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今現在自分が厄年なのかどうかを、こちらのページで簡単に計算・チェックできますのでぜひご利用ください

※厄年でない方も将来の自分の厄年もチェックできます

※前厄・本厄・後厄もいつ何年がそうなのか計算してくれます

 

また本年2017年(平成29年)の厄年は、ぜひこちらのをご覧ください。

※前厄・本厄・後厄も年齢と生まれ年とともに掲載しています。

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

 

※今現在の自分が厄年なのかどうかを、こちらのページで簡単に計算・チェックできます(厄年でない方も将来の厄年もチェックできます)

厄年チェック計算ーあなたの厄年がいつかをチェックできます
 

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

厄年の人も、厄年じゃない人もここは一発運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです