厄年・厄除け厄祓いドットコム

厄年チェック自動計算ー自分の厄年がいつかを生年月日から自動で計算できます

【お知らせ】 2021/1/8 更新

2021年1月8日に、1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)に緊急事態宣言が再発令されました。

対象の1都3県だけでなく他県でも新型コロナウィルス感染者が増えております。

厄除け・厄祓いの全国神社・お寺でもHPなどで最新の対応状況を確認しながら参拝やご祈祷を検討するようにしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

2021年も新型コロナウィルス感染防止の観点から各神社・お寺なども引き続き厄除け・厄祓いの祈祷・祈願については以前のような受付体制ではなく、受付数制限などをしているところも多くあります。

厄除け・厄祓いで参拝・祈祷を希望の方は、引き続き各神社・お寺の状況をHPなどで最新の対応状況などを確認しつつ、参拝を検討するようにしましょう。

 

画像名
厄丸くん

このページでは生年月日を入力するだけで、自動で超簡単に、しかも超正確に厄年かどうかを診断できるよ(数え年でちゃんと計算)。

厄年がいつか気になる人、チェックしたい人ぜひこちら↓でどうぞ。

画像名
トシミ

厄年って数え年で計算するから、分かりづらいんだよね。

気がつくと本厄だったり、厄年過ぎちゃってたりするし、前厄や後厄とかもあるから、正確にチェックしておきたいよね。

 

厄年自動計算システムで厄年かどうかチェックする

自分が今年厄年かどうかを計算できますので、ご利用下さい。

 

その年が厄年に当たるのか?だけでなく、いつ(何年に)厄年(前厄・本厄・後厄すべて)になるかも詳細・正確に表示されます。

ーーーーーーーーーーー

こちら↓で生年月日を入力(選択)して下さい。

②「計算する」をクリックして下さい。

③数え年の所に厄年かどうかが表示されます

厄年チェック自動計算システム使い方について詳しくはこちらも

※同計算を2021年に対応しました(2021.1.1)

※注・参照:厄年は“数え年”で数える

 

 

厄年を計算・チェックする(厄年自動計算)

【注】表示される数え年(満年齢も)は、“計算している今現在(=同ページを閲覧している現在)”から計算した年齢となります

 

※2022年〜以降の早見表はこちらのページから↓

厄年早見表 年一覧(2020年〜2030年の早見表ページ一覧)

 

 

厄年チェック自動計算の使い方(詳細)

神社本殿での祈祷の様子

①まずは厄年チェック自動計算で、「生年月日」を入力します。

 

神社本殿での祈祷の様子

②次に「性別(男・女)」を選び、最後に「計算する」ボタンをタップ(クリック)します。

 

神社本殿での祈祷の様子

③数え年のところに厄年かどうかが表示されます。

厄年(前厄・本厄・後厄)に当たる方は赤太文字で表示されます。

その下に今後の厄年に当たる年が一覧で表示されます。またすでに過ぎてしまった厄年については(過去)という形で表示されます。

 

神社本殿での祈祷の様子

④厄年に当たらない方にも、「厄年ではありません。」と表示されるのと同時に、いつ(西暦何年に)厄年になるのかも表示されますので参考下さい

↑厄年チェック自動計算に戻る

 

 

厄年は“数え年”で数える

神社本殿での祈祷の様子

神社やお寺によく掲げられている厄年早見表にも「数え年」としっかり記載されており、厄年は数え年で換算する旨も表示されています

 

厄年は現在一般的に年齢を表す満年齢ではなく、

厄年は『数え年』で数える

ので注意が必要です。

 

数え年とは、

生まれたときを一歳として、毎年新年1月1日に一歳ずつ年をとる

という考え方です。

 

数え年は古くから使われており、明治時代頃までは数え年が一般的な年齢の数え方でした。

その名残や習慣を受けて、古くからある厄年も数え年で数えることになっています。

 

今現在でも厄年は数え年で数えますし、日本全国の厄除け・厄祓いを行っているほぼ全ての神社・お寺でも、「厄年は数え年で数える」というのは統一されています。

 

同ページ上記の厄年自動計算システムも厄年かどうかも、「数え年」を正確に計算し割り出し、その上で厄年かどうかの結果を表示しています。

↑厄年チェック自動計算に戻る

 

 

厄年・厄除け情報をどこよりも詳しく発信中!

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

厄年に関するアンケートにご協力ください

厄年に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの厄年への関心度合いを見ることができます。

他の厄年・厄除け厄祓いに関するアンケート一覧はこちら

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです

 

ページ各所の広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み