(豆知識)後厄とは?

後厄を調べてみると…

「厄年の次の年。厄年に次いで注意しなければならない年とされる。」

とありますが、厄のおそれが薄らいでいく年ともいわれます。

 

具体的には本厄の次の年、1年を後厄といいます。

男性 26歳、43歳、62歳

女性 20歳、34歳、38歳、62歳

(上記年齢は「数え年」での年齢)

が男女それぞれの後厄の年齢にあたります。

 

後厄は本厄(=厄年)の次の年ということで、厄年は過ぎましたが、身体や環境の変化、病気やケガなどと同様に、その年が過ぎたから次の1年はパッと厄がすべて払われ好転する、というものではなく、次の年もしばらくは用心して過ごしていくべき、そういう心つもりで過ごすのがよろしいかと思います。

 

前厄・本厄・後厄と3回ともしっかり厄除け・厄祓いされる方も

地域や風習、信条や宗派などにもよりますが、本厄の年だけでなく、前厄・後厄とあわせて3回(3年)とも神社・お寺でお祓い、ご祈祷をされる方も多くいらっしゃいます。

また後厄後の次の年(4年目)にも御礼参りを行う方もいらっしゃいます。

 

全てで厄除けを行わなければいけない、ということはありませんが、それはお気持ちや信条に従い、どの年(厄)に厄除けを行うのかを決めるのがいいでしょう。

 

後厄にあたる年に結婚、結婚後の出産は?

後厄に出産って…と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

ご出産で厄落としとなりますし、安産祈願をして、元気なお子さんを出産し、御礼参りに行かれるといいでしょう。
ご結婚もご出産もとてもめでたいことです。厄を気にしすぎず、出会った方との愛や、授かった尊い命を慈しみ育む幸せを感じるようにしましょう。

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

 

※今現在の自分が厄年なのかどうかを、こちらのページで簡単に計算・チェックできます(厄年でない方も将来の厄年もチェックできます)

厄年チェック計算ーあなたの厄年がいつかをチェックできます
 

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

厄年の人も、厄年じゃない人もここは一発運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです