厄年・厄除け厄祓いドットコム

【厄年・厄除け厄祓いの専門サイト】厄年や厄除け・厄祓いなどについてや、厄除け・厄祓いできる日本全国の神社・お寺をご紹介

2024年7月6日 更新

三峯神社(埼玉県秩父市) 厄除け・厄祓いについて詳細(境内、祈祷受付・申込、駐車場など)

神社での厄除け・厄祓いのイメージ

※神社での実際の厄除け御祈祷のイメージ|三峯神社での厄除け・厄祓いの写真ではありません|画像提供:厄年・厄除け厄祓いドットコム

 

画像名
厄丸くん

三峯神社の由緒や厄除けに関するものなどをお伝えするよ。

また三峯神社での厄除け・厄祓い祈祷の申し込み方なども紹介。三峯神社で厄除け・厄祓いをしたいと思ってる人は参考にしてね。

こちらのページもおすすめ

 

 

三峯神社(埼玉県秩父市) 厄除け・厄祓いについて(境内、祈祷受付・申込、駐車場など)

こちらのページの閲覧ビュー数 [0012876]

分類:神社

郵便:369-1902

住所:埼玉県秩父市三峰298-1

電話:0494-55-0241

初穂料:5,000円〜

三峯神社 厄除け・厄祓いに関するページ
<https://www.mitsuminejinja.or.jp/kitou/>

 

三峯神社の厄除け・厄祓いについて

 

画像名
執筆・編集
ヨシダ

※私が執筆・編集しました

このページは私ヨシダが実際に三峯神社を訪れて、調査・撮影した上で執筆・編集しました。
厄除け・厄祓いで三峯神社を参拝する人の目線で詳しくお伝えしています。

執筆・編集者のプロフィールはこちら

 

 

 

三峯神社の御祭神

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉册尊(いざなみのみこと)

 

 

三峯神社の由緒と厄除けについて

三峯神社は埼玉県秩父市三峰に鎮座の神社で、三峰山の標高約1100mのところに鎮座する関東屈指のパワースポットとしても有名、多くの参拝者が訪れる神社です。

三峰山中にある境内は自然あふれる環境であり、また眼下には息を呑むほどの絶景が広がります。

 

秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社とされ、創始は日本武尊(やまとたけるのみこと)が行ったと伝えられており、伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)の二神を祀っています。

古くから三峯信仰の中心をなし、修業の場としても霊験あらたかな場所として信仰されてきました。

おおかみ(狼)を御眷属として祀り、境内には多くのおおかみの狛犬像が置かれており、同神社のシンボル的なものともなっています。

 

その歴史と由緒、霊験あらたかさ、深い信仰などから、厄除けにおいても多くの人が厄年の時などにお参りで訪れ、御祈祷で厄除けを祈念する神社でもあります。

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 境内の様子

三峯神社 三峰山および神社境内の案内図の様子

三峯神社は三峰山中標高約1100mの大自然に囲まれたところに鎮座しており、まわりは三峰山の山岳ルートも多くあります。

山中にある境内は広いので、案内図などでルートを確認しておくといでしょう。

 

三峯神社 駐車場から境内入口に向かうところの様子

ほとんどの参拝者が車で駐車場から境内に行くことになるかと思います。

後述しますが三峯神社への道路は土日祝日や年末年始などは大変混み合い大渋滞になります。

その渋滞を終えて、やっと境内に向かうことができます。

 

三峯神社 由緒書の様子

同神社の由緒が記されており、今から1900年あまり前からの由緒・歴史が記されています。

由緒書の上のところに置かれている抑えのものが、狼の顔のものであるのが三峯神社らしさを出していますね。

 

三峯神社 境内参道の様子

駐車場から左手に進むと境内の参道が続いています。

ここから進むとお茶屋などが並ぶところがあります。

 

三峯神社 三峰山の絶景の様子

参道を左に見ると写真のように三峰山渓の山々と眼下に広がる自然の絶景が望めます。

 

三峯神社 参道茶屋などの様子

参道をさらに進んでいくと、右手に茶屋の山麓亭があり、食事や休憩ができます。

後述する三峰だんごやいもでんがくなどの食べる楽しみもあります。

 

三峯神社 参道途中の大島屋の様子

こちらはおみやげや食事もできる大島屋が参道さらに進んだところにあります。

名物のわらじカツ丼やそばうどんなども食事することができます。

 

三峯神社 境内入口の三ツ鳥居の様子

更に進んでいくといよいよ境内に入る入口たる特徴的な三ツ鳥居が迎えてくれます。

全国的にも珍しい3つの鳥居が一つになったような鳥居であり、また両脇を狛犬のかわりにおおかみ像が迎えてくれています。

 

三峯神社 境内参道と豊かな自然の様子

三ツ鳥居をくぐり参道を進んでいきます。写真のように三峰山中にある同神社はとても自然豊かで季節により様々な表情を楽しませてくれる参道にもなります。

 

三峯神社 立ち並ぶ石灯籠と随神門の様子

参道を更に進んでいくと石灯籠が立ち並び始め、こちらの随神門が迎えてくれます。

神仏混淆時代に仁王門として建立され、明治の神仏分離後は仁王像が撤去され、今の随神門になったそうです。

 

三峯神社 参道に立ち並ぶ石灯籠の様子

随神門を越えてからも石灯籠がつづき、参拝者を道案内してくれています。

 

三峯神社 参道分岐の様子

参道を更に進んでいくと、分岐が現れます。

写真だと少しわかりにくいですが、左側が順路になっており、順路を示す看板も立っています。

 

三峯神社 青銅鳥居前の様子

参道を進んでいくと、もうすぐ本殿に近い写真のようなところに出ます。

階段を上がった先に青銅鳥居があり、ここをくぐるともうすぐ本殿です。

 

三峯神社 拝殿・本殿の様子

青銅鳥居をくぐり正面に見えるのが、三峯神社の最も崇高な場所である拝殿・本殿になります。

写真に見える拝殿は総漆塗りで、きらびやかな彩色と彫刻が施されている美しいお社になります。

厄除けの御祈祷の前にお参りをしておくといいでしょう。

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 駐車場の様子

三峯神社はその鎮座している場所柄、ほぼ100%車での参拝となります。

ただし三峯神社に向かう道路は大変混みやすく、とくに土日祝日や年末年始、行事のあるときなどは以下で紹介の林道三峰線は大渋滞となり、2・3時間は当たり前の渋滞となります(平日はここまで混み合わないようです)。

同神社に参拝の方は、時間に余裕を見て車で向かうようにしましょう。

 

三峯神社 林道三峰線渋滞の様子

お伝えしたように土日祝日等は、国道140号線(秩父往還)から、林道三峰線に入ってすぐに渋滞となり、三峯神社に向かう車が列を連ねます。

 

三峯神社 三峯神社までの林道三峰線大渋滞で連なる車の様子

大渋滞は、2〜3時間は当たり前の渋滞となります。西武秩父駅からの西武観光バスももちろんこの渋滞に巻き込まれますので、参拝者は十分に時間を見て、車で向かう必要があります。

 

三峯神社 駐車場入口の様子

やっとのことで渋滞を抜け(運営者は土曜日に参拝し、3時間渋滞に捕まりました)、駐車場入口付近に来ても渋滞は続きます。

駐車場は常に満車状態であり、時間帯によって駐車場を出る車が少ないため、駐車場に入るのにも時間がかかります。

 

三峯神社 駐車場と広さの様子

駐車場は市営の駐車場となっており、有料駐車場です。

駐車場自体はかなりの広さがあり、よってかなりの台数が停められます。ただし満車状態のことも多いため、空きスペースを見つけるのも一苦労します。

西武観光バスもこちらが駐車場となります。トイレも駐車場内にあります。

 

三峯神社 駐車場から境内入口への階段の様子

駐車場に車を停めたら、こちらの階段から三峯神社境内に向かうことができます。

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社の厄除け・厄祓いに関するもの

三峯神社 境内入口三ツ鳥居近くの日本武尊像の様子

三峯神社を創建したと言われる日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像が、同神社にはいくつか置かれており、その篤く祀られている様子が伝わります。

 

三峯神社 境内中腹の日本武尊銅像入口と銅像の様子

境内の中腹あたり、奥宮遙拝所近くにはさらに巨大な日本武尊の銅像が小高い丘の上に建立されています。

 

 

三峯神社 日本武尊銅像(大銅像)の様子

奥宮遙拝所のすぐ近く小高い丘の上には、写真のような巨大で立派な日本武尊銅像が立てられており、三峯神社境内全体および霊峰三峰の山々を見守っています。

日本武尊は東西を平定したことから、国土安泰や勝負運・仕事運向上、出生開運の御利益があるとされています。厄除けの御利益もあるので、厄除けの御祈祷前かあとに立ち寄られるといいでしょう。

 

三峯神社 拝殿前の左右御神木大杉の様子

拝殿の手前には左右二本の大杉のとても立派な御神木そびえ立っています。

同神社が勧めている「氣」をいただける御神木で、写真のようにそばまで行き触れられるようになっています。

こちらで紹介の同神社の特徴的なお守りである「氣御守」は、こちらの御神木のかけらをお守りにいれており、その「氣」を常に身につけることによって、活力ある元気な日々を過ごせるようにとのことになっています。

三峯神社のお守り紹介

 

三峯神社 大山倍達氏石碑の様子

少し厄除けとは離れるかもしれませんが、境内には極真空手創始者、大山倍達氏の顕彰碑が立てられています。

大山倍達氏は若い頃三峯神社で山籠りの修行をしていたそうです。

空手や武道をならっている方などは、偉人の碑にもお参りされるといいでしょう。

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 厄除けの御祈祷予約について

三峯神社では厄除けを含めた御祈祷予約は、Web(オンライン)予約・電話予約ともにありません。

下記で紹介の祈祷受付にて随時受付となります。

【祈祷受付時間】9:00〜16:00

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 厄除けの初穂料について

三峯神社では厄除けの御祈祷の初穂料は、

5,000円、10,000円、20,000円〜

となってます。

 

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 厄除けの御祈祷受付場所と御祈祷について

三峯神社 社務所・授与所側手前の様子

三峯神社で厄除けの御祈祷を行うには、まず社務所にある御祈祷受付に向かいます。

御祈祷受付は拝殿・本殿の左手にあります。

 

三峯神社 社務所の御祈祷受付の様子

さきほどの写真の場所を右手に進むと、こちらの社務所・授与所のお社があり、見ての通り祈願受付(御祈祷の受付)がありますので、そちらに向かいます。

 

三峯神社 祈願受付の案内板の様子

御祈祷の受付はこの社務所の中にあり、写真の祈願受付の矢印の方向に向かいます。

外側の窓口は授与品を渡す授与所や御朱印の受付になっています。

矢印の方向にならって写真の左手の方に向かいます。

 

三峯神社 御祈願受付入口の様子

社務所のお社の写真の入口を入ったところに、御祈祷の受付があります。

所定の申込用紙があるので、厄除けの御祈祷を受けたい旨と必要事項を記入し、初穂料とともに受付に渡します。

申し込みを終えると、該当する次の御祈祷の時間と社務所内にある待合所にて待つように伝えられます。

 

三峯神社 社務所から拝殿につながる廻廊の様子

社務所内にある待合所にて待っており、御祈祷の時間が近づくと、拝殿・本殿のほうに向かうように案内があります。

拝殿には社務所から直接つながっている、こちらの廻廊を通って向かい、拝殿・本殿に昇殿します。

 

三峯神社 厄除けの御祈祷が行われる拝殿の様子

拝殿内に昇殿し、該当する時間がくると拝殿内にて厄除けの御祈祷が執り行われます。

御祈祷自体の時間は20〜30分ほど。

御祈祷後には御札などを含めた授与品一式が手渡されますので、それを受け取り、来たルートをもどって社務所から出たら、同神社での厄除けの御祈祷は終了となります。

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社の厄除けお守りと授与所

三峯神社 授与所窓口の様子

同神社の厄除けのお守りを含めた授与品は、先述の社務所・授与所の授与所窓口にて授与してもらえます。

 

三峯神社 授与所近くの授与品掲示場所の様子

同神社は授与品が大変多く人気であるため、受付での渡しをスムーズにするためか、授与所近くにテントが立てられ、そこに授与品の掲示と申込用紙があり、その用紙で希望の授与品と数を記入して、さきほどの窓口に持っていき授与してもらう形になります。

人気の「氣御守」なども掲示されていますね。

(▲目次に戻る)

 

 

その他の三峯神社の風景

三峯神社 三峰だんごを売っている山麓亭の様子

先述の境内入口手前の参道にある茶屋、山麓亭では名物の三峰だんごや岩魚を焼いたものなどが売られており、多くの参拝者で賑わいます。

三峯神社は山奥の秘境にある神社なので、こういった名物のものを楽しめるのは旅の醍醐味でもありますよね。

 

三峯神社 三峰だんごの様子

三峰だんごはお芋で作られているだんごで、そのだんごにあう濃いめの味噌味です。

参拝や同神社に来るまでに疲れた体に、ほっこりとする名物だんごです。

 

三峯神社 奥宮遙拝所の様子

先述の日本武尊銅像の近くにある、同神社奥宮を遥拝できる場所です。

遥拝所としてよりも、見ての通り三峰の山々を見渡せる絶景スポットとなっています。

 

三峯神社 遥拝所から見える絶景の様子

奥宮遙拝所からは、写真のように三峰の山々と広大な自然のパノラマが絶景として見渡せます。

車で来るのも大変でしたが、この神社が表高1100mの高地にある場所なのだなと思い馳せることができる絶景スポットです。

 

 

SNSで見る三峯神社 厄除け・厄祓いの様子

 

 

 

 

(▲目次に戻る)

 

 

三峯神社 公式サイト(厄除け・厄祓いに関するページ)

https://www.mitsuminejinja.or.jp/kitou/

 

 

三峯神社へのアクセス

西武秩父駅より西武観光バスで約75分

車:関越自動車道花園ICより約2時間

車:中央自動車道甲府昭和ICより約2時間半

https://www.mitsuminejinja.or.jp/koutsu/

 

【三峯神社 Map】
埼玉県内の地域名で探す
さいたま市 | 川越市 | 川口市 | 所沢市 | 秩父市 | 朝霞市 | 深谷市 | 熊谷市 | 行田市 | 越谷市 | ふじみ野市 | 久喜市 | 入間市 | 加須市 | 北本市 | 富士見市 | 日高市 | 春日部市 | 東松山市 | 狭山市 | 秩父郡 | 草加市 | 蕨市 | 鴻巣市 
埼玉県 全体で探す

 

三峯神社 フォトギャラリー

三峯神社 厄除け・厄祓いについて
三峯神社 三峰山および神社境内の案内図の様子
三峯神社 駐車場から境内入口に向かうところの様子
三峯神社 由緒書の様子
三峯神社 境内参道の様子
三峯神社 三峰山の絶景の様子
三峯神社 参道茶屋などの様子
三峯神社 参道途中の大島屋の様子(その1)
三峯神社 参道途中の大島屋の様子(その2)
三峯神社 境内入口の三ツ鳥居の様子(その1)
三峯神社 境内入口の三ツ鳥居の様子(その2)
三峯神社 境内参道と豊かな自然の様子
三峯神社 立ち並ぶ石灯籠と随神門の様子(その1)
三峯神社 立ち並ぶ石灯籠と随神門の様子(その2)
三峯神社 参道に立ち並ぶ石灯籠の様子
三峯神社 参道分岐の様子
三峯神社 青銅鳥居前の様子
三峯神社 拝殿・本殿の様子(その1)
三峯神社 拝殿・本殿の様子(その2)
三峯神社 林道三峰線渋滞の様子
三峯神社 三峯神社までの林道三峰線大渋滞で連なる車の様子
三峯神社 駐車場入口の様子
三峯神社 駐車場と広さの様子(その1)
三峯神社 駐車場と広さの様子(その2)
三峯神社 駐車場から境内入口への階段の様子
三峯神社 境内入口三ツ鳥居近くの日本武尊像の様子
三峯神社 境内中腹の日本武尊銅像入口と銅像の様子
三峯神社 日本武尊銅像(大銅像)の様子(その1)
三峯神社 日本武尊銅像(大銅像)の様子(その2)
三峯神社 拝殿前の左右御神木大杉の様子(その1)
三峯神社 拝殿前の左右御神木大杉の様子(その2)
三峯神社 大山倍達氏石碑の様子
三峯神社 社務所・授与所側手前の様子
三峯神社 社務所の御祈祷受付の様子
三峯神社 祈願受付の案内板の様子
三峯神社 御祈願受付入口の様子
三峯神社 社務所から拝殿につながる廻廊の様子
三峯神社 厄除けの御祈祷が行われる拝殿の様子
三峯神社 授与所窓口の様子
三峯神社 授与所近くの授与品掲示場所の様子
三峯神社 三峰だんごを売っている山麓亭の様子
三峯神社 三峰だんごの様子
三峯神社 奥宮遙拝所の様子
三峯神社 遥拝所から見える絶景の様子

(▲目次に戻る)

厄年・厄除け情報をどこよりも詳しく発信中!

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

 

厄年に関するアンケートにご協力ください

厄年に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの厄年への関心度合いを見ることができます。

他の厄年・厄除け厄祓いに関するアンケート一覧はこちら

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。