厄年・厄除け厄祓いドットコム

神社での厄除け・厄祓いのイメージ

※神社での厄除け・厄祓いのイメージ|門戸厄神 東光寺での厄除け・厄祓いの写真ではありません|画像提供:snapmart

 

画像名
厄丸くん

門戸厄神 東光寺の由緒や厄除けに関するものなどをお伝えするよ。

また門戸厄神 東光寺での厄除け・厄祓い祈祷の申し込み方なども紹介。門戸厄神 東光寺で厄除け・厄祓いをしたいと思ってる人は参考にしてね。

門戸厄神 東光寺(兵庫県西宮市) 厄除け・厄祓い詳細(境内、祈祷受付・申込、駐車場など)

こちらのページの閲覧ビュー数 [0012211]

分類:お寺(真言宗)

郵便:662-0828

住所:兵庫県西宮市門戸西町2-26

電話:0798-51-0268

祈祷料:?

御本尊:不動明王

門戸厄神 東光寺 厄除け・厄祓いに関するページ
<http://mondoyakujin.or.jp/kigan/>

 

門戸厄神 東光寺の厄除け・厄祓いについて

門戸厄神 厄神堂の様子

 

 

 

 

門戸厄神の御本尊

厄神明王

※厄神明王:日本独自の明王でまたの名を「両頭愛染明王」。愛染明王と不動明王が一体化したもの

 

 

門戸厄神の由緒と厄除けについて

門戸厄神東光寺は兵庫県西宮市にある、高野山真言宗別格本山のお寺です。

日本三大厄神のうちのひとつで、厄除け・厄祓いで大変有名なお寺です。関西一円からその厄除けのご利益などから多くの参拝者が訪れます。

年中行事でも多くの厄除けに関する大祭や例祭が行われます。

また境内にも女厄坂、男厄坂など厄除けや厄落としにまつわるものも多く設置されています。

 

御本尊の厄神明王は、別名両頭愛染明王で愛染明王と不動明王が一体化した明王。

愛染明王も不動明王も厄除けにご利益のある仏様であり、その二つが合体した厄神明王は厄除けに大きなご利益があり、多くの信仰を集めています。

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神 境内の様子

門戸厄神 阪急今津線 門戸厄神駅の駅名標の様子

門戸厄神への訪問は電車で訪問しました。ここから徒歩で門戸厄神まで向かいます。

 

門戸厄神までの道の様子

門戸厄神へは少し小高い丘を登っていきます。門戸厄神駅から徒歩で約15〜20分ほどです。

 

門戸厄神 境内入口(南門)と寺号標の様子

 

門戸厄神 南門から入ってすぐの不動堂(護摩堂)の様子

こちらでは不動明王を祀っており、そえ護摩のお焚きあげを行っているとのこと。

 

門戸厄神 お寺東光寺と厄神明王についての案内看板の様子

 

門戸厄神 表門の様子

 

門戸厄神 中楼門と大提灯の様子

門戸厄神を表す特徴的な「厄神明王」の文字が記された大提灯。実物はかなりの大きさです。

 

門戸厄神 厄神堂の様子

中楼門をくぐると正面に見えるのが厄神堂です。

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神 駐車場の様子

門戸厄神は境内の中には駐車場がなく、境内の周辺に参拝者専用の駐車場が複数あります。

車で同寺に訪れる人も多いでしょうから、事前にGoogle Mapやカーナビなどで駐車場の場所を調べておくといいでしょう。

また駐車場によっては時期により開放してないところもあるようです(とくに境内から離れている駐車場などは年始など多くの参拝者が訪れる時にオープンになるようです)

 

門戸厄神 参拝者用駐車場(駅近く側)の様子

こちらの駐車場は門戸厄神境内から一番離れた門戸厄神駅に近い方の駐車場です。

年末年始や厄除け大祭の時などにオープンにされる駐車場かと思われます。

 

門戸厄神 境内までの道(途中に駐車場あり)の様子

先述の駅方面から門戸厄神境内に向かう道すがらに、複数の駐車場があります。

 

門戸厄神 境内への道途中にある駐車場入口の様子

境内までの道を進んでいくと道の両方に参拝者用の駐車場があります。

 

門戸厄神 駐車場(No.6)の様子

さきほどの道左手の駐車場の様子。撮影時はロープが張ってありこの日は入れないようになっていました。

日によって開放されたり、閉められたりするのだと思われます。

 

門戸厄神 参拝者駐車場(道右手)の様子

さきほどの道の右手の駐車場で、こちらがメインで使われている駐車場だと思われます。

門戸厄神にも近く、主に使われて開放されている駐車場のようです。ここからだと境内まで数分で迎える距離です。

 

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神の厄除け・厄祓いに関するもの

門戸厄神 中楼門の大提灯、厄神堂側から見た様子

 

門戸厄神 年中行事の掲示の様子

厄除大祭、春季厄除祭、夏季厄除祭、秋季厄除祭、厄除例祭など厄除けの名の付いた行事がやはり多いですね。

 

門戸厄神 中楼門前の女厄坂の様子

中楼門正面向かって右手にあるのが女厄坂です。

 

門戸厄神 女厄坂とその看板の様子

階段は33段と女性の大厄(33歳)と同じ数があり、厄年の女性がこの階段を一段一段登ることで厄落としになるというご利益があります。

 

門戸厄神 男厄坂の様子

こちらは表門に向かう階段が男厄坂とされており、こちらも男性の大厄年齢と同じ数42段あり、登ることで厄落としとなります。

 

門戸厄神 四国八十八ヶ所巡りの弘法大師像の様子

表門から男厄坂を降りたところには、四国八十八ヶ所巡りの場所があり、真言宗の開祖弘法大師様の像が設置れています。

 

門戸厄神 厄除けの箸やベルト、財布などの授与物掲示の様子

お守りや御札以外にも、厄除けにご利益があるとされるものも授与してもらえます(在庫切れのものも多いようです)。

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神 厄除けの御祈祷予約について

門戸厄神では厄除けを含めた御祈祷予約は、Web(オンライン)予約・電話予約ともにありません。

下記で紹介の厄神堂横の御祈祷受付にて随時受付けとなります。

【祈祷受付時間】9:00〜16:00

 

 

 

門戸厄神 厄除けの初穂料について

門戸厄神では厄除けの御祈祷の初穂料は、

5,000円〜

となってます。

 

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神 厄除けの御祈祷受付場所と御祈祷について

門戸厄神 祈祷受付の様子

門戸厄神での祈祷の受付は、厄神堂の左右にある受付で行なえます。左側は厄除の大祭など特別な祈祷時に受付が開設されるようで、通常は↓の厄神堂右側の授与所兼受付で受け付けているようです。

こちらで厄除けの御祈祷の申込を行います。申込を終えると該当する御祈祷の時間を伝えられますので、その時間まで境内で待つ形になります。

 

門戸厄神 御祈祷が執り行われる厄神堂の様子

祈祷受付で申し込み時に御祈祷の時間が案内されます。その時間がきたらこちらの厄神堂に上がって御祈祷を受ける形となります。

御祈祷自体の時間は約30分ほど。御祈祷が終わると御札やお守りなどの授与物一式が手渡されます。

それを受け取り厄除けの御祈祷は終了となります。

 

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神の厄除けお守りと授与所

門戸厄神 厄神堂右横の授与所兼祈祷受付の様子

お守りや御札などの授与物は通常こちら側で授与してもらえます。

 

門戸厄神 お守りや数珠、厄除けに関する授与物などの掲示の様子

 

その他門戸厄神の風景

門戸厄神 奉納金箔宝珠の様子

門戸厄神の境内にはいろいろなご利益の預かれるものが設置されていますので、それらをめぐるのも訪問の楽しみとして過ごせます。

 

門戸厄神 宝輪杉の様子

大きな杉の霊木で、お参りすることで厄除開運・家内安全・長寿のご利益を得られるそうです。

 

門戸厄神 延命魂(根)の様子

樹齢800年を誇った杉の根の霊木、さわって身体の悪い部分や願い事などを記念してご利益を得られるとのこと。

 

門戸厄神 扇子絵馬の様子

よくある絵馬ではなく、扇子に願意を書いて掛けられています。

 

門戸厄神 枝先のおみくじを結ぶのを禁じる看板の様子

禁止してないと枝先におみくじを結んでしまう人がいっぱいいるのでしょうね。境内の多くの枝先に掲げられていました。

 

門戸厄神 中楼門からの景色の様子

お伝えしたように門戸厄神は小高い丘の上にあり、ここからは当り一円の風景が見えます。

 

門戸厄神 境内別の場所からの周辺一円の風景

 

門戸厄神 四国八十八ヶ所めぐりの場所と弘法大師像の様子

 

門戸厄神 四国八十八ヶ所めぐりの様子

一つ一つの仏像が四国八十八ヶ所の御本尊を祀っており、一通りめぐることで八十八ヶ所めぐったのと同じ御利益を得る、という真言宗のお寺によくある四国八十八ヶ所めぐりが門戸厄神にもあります。

 

 

 

SNSで見る門戸厄神 厄除け・厄祓いの様子

 

 

 

 

 

(▲目次に戻る)

 

 

門戸厄神 公式サイト(厄除け・厄祓いに関するページ)

https://mondoyakujin.or.jp/kigan/

 

 

門戸厄神へのアクセス

阪急今津線 門戸厄神駅より北西へ約700m(徒歩約15分)

阪急西宮北口駅からタクシーで約5分

https://mondoyakujin.or.jp/access/

 

【門戸厄神 東光寺 Map】
兵庫県内の地域名で探す
神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 西宮市 | 宝塚市 | 西脇市 | 豊岡市 | たつの市 | 丹波市 | 加古川市 | 南あわじ市 | 宍粟市 | 淡路市 | 美方郡 | 芦屋市 | 赤穂市 | 高砂市 
兵庫県 全体で探す

 

門戸厄神 東光寺 フォトギャラリー

門戸厄神 厄神堂の様子
門戸厄神 阪急今津線 門戸厄神駅の駅名標の様子
門戸厄神までの道の様子
門戸厄神 境内入口(南門)と寺号標の様子
門戸厄神 南門から入ってすぐの不動堂(護摩堂)の様子
門戸厄神 お寺東光寺と厄神明王についての案内看板の様子
門戸厄神 表門の様子
門戸厄神 中楼門と大提灯の様子
門戸厄神 厄神堂の様子
門戸厄神 参拝者用駐車場(駅近く側)の様子
門戸厄神 境内までの道(途中に駐車場あり)の様子
門戸厄神 境内への道途中にある駐車場入口の様子
門戸厄神 駐車場(No.6)の様子
門戸厄神 参拝者駐車場(道右手)の様子
門戸厄神 中楼門の大提灯、厄神堂側から見た様子
門戸厄神 年中行事の掲示の様子
門戸厄神 中楼門前の女厄坂の様子
門戸厄神 女厄坂とその看板の様子
門戸厄神 男厄坂の様子
門戸厄神 四国八十八ヶ所巡りの弘法大師像の様子
門戸厄神 厄除けの箸やベルト、財布などの授与物掲示の様子
門戸厄神 祈祷受付の様子
門戸厄神 御祈祷が執り行われる厄神堂の様子
門戸厄神 厄神堂右横の授与所兼祈祷受付の様子
門戸厄神 お守りや数珠、厄除けに関する授与物などの掲示の様子
門戸厄神 奉納金箔宝珠の様子
門戸厄神 宝輪杉の様子
門戸厄神 延命魂(根)の様子
門戸厄神 扇子絵馬の様子
門戸厄神 枝先のおみくじを結ぶのを禁じる看板の様子
門戸厄神 中楼門からの景色の様子
門戸厄神 境内別の場所からの周辺一円の風景
門戸厄神 四国八十八ヶ所めぐりの場所と弘法大師像の様子
門戸厄神 四国八十八ヶ所めぐりの様子

(▲目次に戻る)

 

厄年・厄除け情報をどこよりも詳しく発信中!

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

 

厄年に関するアンケートにご協力ください

厄年に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの厄年への関心度合いを見ることができます。

他の厄年・厄除け厄祓いに関するアンケート一覧はこちら

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。