厄年・厄除け厄祓いドットコム

厳島神社(広島県廿日市市)の厄除けお守り紹介

当サイト運営・管理者が実際に参拝した厄除けで有名な神社・寺院で授与していただいたお守りを紹介します。

 

ユネスコ世界遺産にして、日本三景のシンボル的な存在 厳島神社

 

今回はユネスコの世界遺産にも登録され、日本三景の一つ宮島の象徴的な存在であるの厳島神社の厄除お守りを紹介します。

 

厳島神社の厄除けお守り

厳島神社には厄除け専用のお守りはなく、通常のお守りが厄除けやその他の願意も兼ねた御守として授与してもらえます。

 

↓授与してもらった御守は、4色種類の中から、ご利益がありそうな紫地のものを授与してもらいました。

(初穂料500円のお納め)

↓厳島神社 (厄除)御守(表)

紫地に厳島神社の神紋「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」が金糸で刺繍されています。

 

↓厳島神社 (厄除)御守(裏)

お守りの裏には「厳島神社」の文字が金色糸での刺繍と、宮島周りの波を表しているのでしょうか、模様も刺繍されています。

シンプルながらも厳島神社の荘厳さや威厳を感じるお守りですね。

 

厳島神社 お守りを授与してもらえる場所

厳島神社のお守りはこちらの神社本殿近くにある授与所(神社の順路上にあるので、すぐわかります)にて授与してもらえます。

 

↓授与所ではお守りはもちろん、御札やおみくじ、御朱印などもこちらで授与してもらえます。

 

厄除け向けのお守りだけでなく、学業や交通安全などの願意は専用のお守りが用意されています。

 

さすが世界遺産にも登録され、昔から日本三景の一つ宮島のシンボル的な神社として有名な厳島神社。

訪れた平日にも関わらず、多くの参拝者、宮島を訪れる観光客で境内はもちろん、島全体がとても多くの人でごった返しておりました。

また他の大きな神社・お寺同様、多くの外国人観光客も訪れており、海の上に浮かぶ厳島神社の荘厳な雰囲気や宮島という観光スポットを皆が楽しんでおりました。

 

厳島神社(広島県廿日市)

【神社情報】

郵便:739-0588

住所:広島県廿日市市宮島町1-1

電話:0829-44-2020

厄除けお守り初穂料:500円

厄除け祈祷料:3,000円〜

厳島神社 厄除け・厄払いに関するページ
<http://www.itsukushimajinja.jp/prayer.html>

※厄年・厄除け厄祓いドットコムのコンテンツは無断転載禁止

 

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

こちらのページも多くの方がチェックしています

 

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです

 

ページ各所の広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み