厄年・厄除け厄祓いドットコム

神社での厄除け・厄祓いのイメージ

※神社での厄除け・厄祓いのイメージ|猿田彦神社での厄除け・厄祓いの写真ではありません|画像提供:snapmart

 

画像名
厄丸くん

猿田彦神社の由緒や厄除けに関するものなどをお伝えするよ。

また猿田彦神社での厄除け・厄祓い祈祷の申し込み方なども紹介。猿田彦神社で厄除け・厄祓いをしたいと思ってる人は参考にしてね。

猿田彦神社(三重県伊勢市) 厄除け・厄祓い詳細(境内、祈祷受付・申込、駐車場など)

こちらのページの閲覧ビュー数 [0004646]

分類:神社

郵便:516-0026

住所:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

電話:0596-22-2554

初穂料:5,000円~

猿田彦神社 厄除け・厄祓いに関するページ
<https://www.sarutahikojinja.or.jp/kitou_kigan/>

 

猿田彦神社の厄除け・厄祓いについて

猿田彦神社 御本殿の様子

 

 

 

 

猿田彦神社の御祭神

猿田彦大神

 

 

猿田彦神社の由緒と厄除けについて

猿田彦神社は三重県伊勢市に鎮座の伊勢神宮内宮近くにある神社。

御祭神は天孫降臨のとき、道案内を勤めた猿田彦大神とその子孫をおまつりしていて、「ものごとの最初に現れ、万事良い方向へお導きになる神様」「みちひらきの神」として方位除け・災難除け・開運・事業発展・五穀豊穣・交通安全・縁結びなど多くの御神徳を持つ神様として信仰が厚い。

 

様々な御神徳・御利益から多くの参拝者が訪れ、伊勢神宮が日本全国からの参拝者が多いのに対し、地元や周辺地域の参拝者も多く訪れる神社であり、厄除けにおいても伊勢地域とその周辺から厄年の参拝者が訪れる神社です。

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社 境内の様子

猿田彦神社 社号標と境内正面入口の様子

こちらが猿田彦神社の正面入口になります。国道32号線(伊勢街道)沿いに境内があり、伊勢神宮内宮やおかげ横丁からも近く、タクシーなどで同神社に来る際には、こちらで降ろしてもらえるでしょう。

威厳ある境内の様子が入口のところからわかります。

 

猿田彦神社 境内正面入口と境内の中の様子

同神社は境内正面入口からすぐに大鳥居とそして御本殿があります。境内自体はそれほど広くないですが、御本殿をはじめ立派できれいなお社が多くある神社です。

 

猿田彦神社 大鳥居と境内の様子

御本殿手前の大鳥居は柱が八角形をしており特徴的です。八角形は方位を示しており、方位除けの御神徳を示しており、同神社のいたるところに八角形のものがあります。

鳥居奥に見えるのが同神社の御本殿です。

 

猿田彦神社 御本殿前の様子

御祭神である猿田彦大神を祀る御本殿です。立派かつ荘厳な造りでとても印象的なお社。多くの参拝者を迎えてくれる御本殿です。

 

猿田彦神社 参拝者で賑わう境内の様子

参拝時は土曜日でしたが何かある日でもなく、通常の土曜日、しかも午後夕方近い時間でしたが、一般の参拝者にくわえ初宮詣(お宮参り)や神前結婚式、その他御祈願の参拝者も多く、境内はとても賑わっておりました。

 

猿田彦神社 絵馬掛けの様子

同神社の絵馬は巫女の神楽の様子が描かれている絵馬。それが絵馬掛けが埋まるほどかけられており、同神社の参拝者の多さ、御祈祷をする人の多さを物語っています。

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社 駐車場の様子

猿田彦神社 第一駐車場(車のお祓い・団体バス用)入口の様子

猿田彦神社への参拝には多くの人が車で来社するかと思います。同神社は駐車場が2つあり、ともに32号線(伊勢街道)沿いではなく、正面入口の右手、23号線沿いにあります。

また手前にある写真の第一駐車場は、車のお祓いと団体バス用の駐車場になっています。普通乗用車の方はこの少し奥にある第二駐車場の方に駐車します。

 

猿田彦神社 第二駐車場入口の様子

こちらが先程の第一駐車場入口の少し奥にある第二駐車場の入口になります。乗用車の方はこちらが駐車場となります。

 

猿田彦神社 第二駐車場有料パーキングの様子

同神社の第二駐車場は有料パーキングになっており、出入口にチケットゲートがあります。

第二駐車場はかなりの台数停められる駐車場となっています。

 

猿田彦神社 第二駐車場から境内に入る経路の様子

第二駐車場に車を停めたら、こちらの小橋を渡って境内に入っていくことができます。

 

猿田彦神社 第一駐車場を抜けて境内に向かう経路の様子

先述の小橋からは第一駐車場付近に出て、ここを抜けて(写真奥に向かって)いくことで猿田彦神社の境内、御本殿のある方に向かうことができます。

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社の厄除け・厄祓いに関するもの

猿田彦神社 たから石の様子

境内にあるこちらの石は「たから石」と呼ばれ、舟形の石が宝船を連想させ縁起のいいものと言われています。

この石は蛇が乗っているようにも見え、特に縁起のいいものともされています。

 

猿田彦神社 古殿地(こでんち)の様子

御本殿前にはこちらの古殿地という方位を示す石が設置されており、自分の干支の文字を触って一周すると願い事が叶うなどとされているようです。

同神社のパワースポット的なものになっていますし、厄除けは八方除け・方位除けとも縁深いものなので、こちらの石もお参りしておくといいでしょう。

 

猿田彦神社 古殿地の解説看板の様子

神社側のこちらの古殿地に関する解説看板によると、とくに触り方に定めはなく、自分の干支や今年の干支、住まいの方角や目指す方角などを自由に触り、みちひらきの御神徳を受けてください、とあります。

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社 厄除けの御祈祷予約について

猿田彦神社では厄除けを含めた御祈祷予約は、Web(オンライン)予約・電話予約ともにありません。

下記で社務所のご祈祷受付にて随時受付けとなります。

【祈祷受付時間】8:30〜17:00

 

 

 

猿田彦神社 厄除けの初穂料について

猿田彦神社では厄除けの御祈祷の初穂料は、

5,000円〜

となってます。

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社 厄除けの御祈祷受付場所と御祈祷について

猿田彦神社 社務所の御祈祷受付前の様子

厄除けの御祈祷の申し込みは、まず御本殿左手にあるこちらの社務所のお社に設置された御祈祷受付にて行います。

 

猿田彦神社 御祈祷受付窓口の様子

御祈祷受付は神符・御守の授与所窓口も兼ねてます。こちらの窓口にて厄除けの御祈祷を受けたい旨を伝えつつ、用意されている申込用紙に必要事項を記入して、窓口に提出します。

初穂料も一緒に渡し、申し込みが完了すると、該当する御本殿に昇殿しての御祈祷の時間が伝えられ、また今後の流れが説明されます。

 

猿田彦神社 社務所内の祈祷者控所の様子

受付で御祈祷の申し込みを終えると、受付で御祈祷の時間まで社務所内の祈祷者控所にて待つように伝えられます。

案内に従って御祈祷の時間まで中で待つようにしましょう。

 

猿田彦神社 厄除けの御祈祷を受ける御本殿の様子

該当する御祈祷の時間が近づくと御本殿に上がる(昇殿する)ように案内がありますので、御本殿に向い中に入ります。

(神職の方が連れ立って御本殿まで案内してくれます)

 

猿田彦神社 御本殿内で御祈祷を受ける参拝者の様子

時間が来ると御本殿内でまずは交通安全祈願の御祈祷が執り行われます。他の願意の方とも合同での御祈祷になります。

御祈祷自体は20〜30分ほど。

 

猿田彦神社 御祈祷を終え御本殿をあとにする参拝者の様子

御祈祷の後には御札や御守などの授与物一式が手渡され、それを受け取って御本殿を後にすると、同神社での厄除けの御祈祷は全て終了となります。

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社の厄除けお守りと授与所

猿田彦神社 授与所窓口の様子

同神社の御守やその他授与物は、こちらの御祈祷受付と同じ社務所の窓口にて授与してもらえます。

またいわゆる厄除けのお守りというのはなく、全ての願意に対応するみちひらきの御神徳があり、進む道の行先を開き良い方向へ導いてくれる「みちひらき御守」というものがあります。

 

猿田彦神社 みちひらき御守の様子

みちひらき御守は8つの色があり、紫・黒・緑・黄・赤・白・赤紫・赤緑のものがあります。

いずれも初穂料は800円。

自分の好きな色や相性のいい色のものを選ぶといいでしょう。 

 

 

 

SNSで見る猿田彦神社 厄除け・厄祓いの様子

 

 

 

 

(▲目次に戻る)

 

 

猿田彦神社 公式サイト(厄除け・厄祓いに関するページ)

https://www.sarutahikojinja.or.jp/kitou_kigan/

 

 

猿田彦神社へのアクセス

JR東海 伊勢市駅よりタクシーで約10分

近鉄 宇治山田駅・五十鈴川駅よりタクシーで約10分

車:伊勢自動車道 伊勢西ICより約5分

https://www.sarutahikojinja.or.jp/#Accsess

 

【猿田彦神社 Map】
三重県内の地域名で探す
津市 | 伊勢市 | 四日市市 | 松阪市 | 桑名市 | 伊賀市 | 尾鷲市 | 度会郡 | 鈴鹿市 | 鳥羽市 
三重県 全体で探す

 

猿田彦神社 フォトギャラリー

猿田彦神社 御本殿の様子
猿田彦神社 社号標と境内正面入口の様子
猿田彦神社 境内正面入口と境内の中の様子
猿田彦神社 大鳥居と境内の様子
猿田彦神社 御本殿前の様子
猿田彦神社 参拝者で賑わう境内の様子
猿田彦神社 絵馬掛けの様子
猿田彦神社 第一駐車場(車のお祓い・団体バス用)入口の様子
猿田彦神社 第二駐車場入口の様子
猿田彦神社 第二駐車場有料パーキングの様子
猿田彦神社 第二駐車場から境内に入る経路の様子
猿田彦神社 第一駐車場を抜けて境内に向かう経路の様子
猿田彦神社 たから石の様子
猿田彦神社 古殿地(こでんち)の様子
猿田彦神社 古殿地の解説看板の様子
猿田彦神社 社務所の御祈祷受付前の様子
猿田彦神社 御祈祷受付窓口の様子
猿田彦神社 社務所内の祈祷者控所の様子
猿田彦神社 厄除けの御祈祷を受ける御本殿の様子
猿田彦神社 御本殿内で御祈祷を受ける参拝者の様子
猿田彦神社 御祈祷を終え御本殿をあとにする参拝者の様子
猿田彦神社 授与所窓口の様子
猿田彦神社 みちひらき御守の様子

(▲目次に戻る)

 

厄年・厄除け情報をどこよりも詳しく発信中!

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

サイトマスコットキャラ:厄丸くん

 

厄年に関するアンケートにご協力ください

厄年に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの厄年への関心度合いを見ることができます。

他の厄年・厄除け厄祓いに関するアンケート一覧はこちら

【神社様・寺院(お寺)様へ】
「うちの神社も取り上げて欲しい!」「うちのお寺もこのサイトで紹介して欲しい」というご希望がありましたら、こちらのお問い合わせフォームにて掲載のご希望送付下さい。
※当サイトでの神社様・寺院様の掲載には、とくに掲載料や更新費などの費用はいただいておりません。喜んで掲載させていただきます。